SEからプレイワーカーへ 地域に根差したプレイパークを目指して

センター事業団 FUSSA地域福祉事業所(東京都福生市)

 子どもたちが自らの発想で遊び、自主性と創造性を育む。そんな子どもの居場所であるプレイパーク。

 今回は福生市にプレイパークの常設を目指すべく結成された「ふっさプレイパークを創る会」のメンバーである、FUSSA地域福祉事業所の神山千歳さんにお話を伺いました。

ソフト会社から児童館へ

 私は、ワーカーズコープに来る前は、ソフト会社でシステムエンジニアおよびプログラマとして働いていました。その会社はオープンプログラムを日本で珍しく提唱している会社で、憧れて入るものの、突貫工事の体力勝負みたいな仕事が多く、挫折しました。 

 その後、何をしたいか考えたとき、自分の人生を子どもに関わることに費やしたいと思って、友人に聞いたところ、ワーカーズコープの児童館を紹介され、働き始めました。2008年のことです。

プレイパークが少しずつ認識されて、、、

 2013年に福生市の呼びかけにより、行政と市民でプレイパークの常設を検討する「福生プレイパークを考える会」が発足しました。私は、市民の一人としてエントリーしました。

 福生市は、市長の「子育てするなら福生」をスローガンに、子育て支援に力を入れており、日経DUALの子育てしやすい街3位(2017年)に選ばれたこともあります。

 考える会では、プレイパークのあり方やその運営について検討する一方で、子育て支援が充実している福生においてプレイパークが本当に必要なのか? ということが課題にもなりました。

 そこで、プレイパークの意義を図るため、2014年12月より一日プレイパークの実施を始めました。その感触を踏まえ、2016年に常設のプレイパークづくりを目指す市民主体の「ふっさプレイパークを創る会」を発足し、プレイパークに関する市民講座を開催し、学びを積み重ねました。

 一日プレイパークは、2017年度には隔月実施になり、2018度からは偶数月の第三水曜日のプチプレイパークの実施も合わせ、毎月実施しています。

木登り・ザリガニ釣り・木工。思うがままにあそび放題!

 プレイパークの参加者は、幼児親子から小学校低学年の割合が多く、常連の参加者もいます。……